最先端の癌治療 免疫細胞療法

免疫療法(免疫細胞療法)とは

昨今「免疫療法免疫細胞療法)」という言葉をよく耳にしますが、これはどういった治療法をいうのでしょうか?

今までの癌治療は「外科療法(手術)」、「化学療法(抗ガン剤)」、「放射線療法」のいわゆる三大療法が主流でした。
もちろん、これらはいずれも一定の効果が期待されますが、副作用によるご闘病者への肉体的・精神的負担が大きく、ご闘病者はもとよりご家族・ご友人の方々にも辛い療法でした。

免疫療法(免疫細胞療法)は外的な力を利用して癌(がん)を治療するのではなく、自己の免疫力を用いる為、辛い副作用の悩みはありません。
また、三大療法との組合せにより、相乗効果と三大療法の副作用の軽減が期待できます。
これらのことから、理想的な癌治療法として注目を集める「最先端の癌治療法」なのです。

免疫療法(免疫細胞療法)と従来型癌治療の併用

ページトップ

免疫療法(免疫細胞療法)の重要性

実は健康な人の体内でも日々癌細胞は作り出されていますが、健康な体の場合は体内の免疫が癌(異常)細胞の動きを監視し、癌の発生・成長を防いでいます。つまり、免疫というのは体の防御システムで、そのシステムが正常に働く限り癌は進行しません。

しかし、何らかのきっかけで免疫のバランスが崩れ、防御システムの能力が低下してしまうと、癌細胞たちが増殖し「癌」という病気は進行してしまいます。
一度そうなると従来の防御システムでは癌に確実な攻撃をすることが出来なくなってしまいます。

そこで重要なのが「免疫力を強化する」ことです。免疫細胞を増やし、体内の免疫力を強化することにより、癌に確実な攻撃を仕掛けてバランスを取り戻す「癌に勝つ」療法。これが免疫療法(免疫細胞療法)なのです。

ページトップ

各種免疫療法(免疫細胞療法)の比較

一言で免疫療法(免疫細胞療法)といっても内容は千差万別です。NK細胞を分離・培養して戻す方法、T細胞を分離・培養して戻す方法、樹状細胞を分離・培養して戻す方法などがあります。 もちろん、方法が異なれば作用等も変わってきます。

T細胞を用いる方法⇒目印(=抗原)がない癌を攻撃できない

T細胞を用いる方法には、T-LAK療法(CD3-LAK療法)やCTL療法などがあります。
これらの方法は、「私は癌細胞です」という目印(=抗原)をもった癌のみを標的にして攻撃をしかけていくT細胞を培養します。
T細胞は抗原抗体反応(過去に異常細胞と認識したものにしか攻撃を仕掛けないこと)により、効率的に癌を攻撃できる一方で、目印を失くしたり、隠してしまった癌には攻撃をしかけることが出来ないという弱点を持った方法なのです。
また、抗原の情報をT細胞に認識させる方法もありますが、抗原の抽出に成功した場合に限られるなど、全ての患者様に適用できるわけではありません。

樹状細胞を用いる方法⇒抗原特異性がある

樹状細胞を用いる方法には、樹状細胞ワクチン療法やDCI療法などがあります。
これらの療法は、樹状細胞(T細胞やNKT細胞に癌細胞の目印を教える、いわば道しるべのような細胞:抗原提示細胞)を活性化し体内に戻すことで、患者様のT細胞により効率的に癌を攻撃させようという狙いがありますが、結局、T細胞には抗原特異性(※1)という欠点があるため、攻撃の即効性と柔軟性に欠けると言えます。

※1 抗原特異性:過去に異常細胞と認識したものにしか攻撃を仕掛けないこと

NKT細胞を用いる方法⇒QOL(生活の質)を低下させる

NKT細胞を用いる方法には、NKT細胞療法があります。
この療法は、NK細胞とT細胞の両方の性質を合わせ持つNKT細胞を免疫学的処理を施して、体内に戻す方法です。
リンパ球の大半はT細胞とB細胞、NK細胞で占められ、NKT細胞は1%未満(末梢血中)と桁違いに少ない細胞です。
細胞数が他の免疫細胞を比較して圧倒的に少ないため、治療に適用するため量を確保するには、成分採血器を使って数時間も掛けてリンパ球を採取する必要があり、患者様への負担は相当にかかり、QOL(生活の質)を低下させることに繋がってしまいます。
また、NKT細胞は周りの環境によってはがんの免疫を抑える免疫を誘導してしまう可能性もあるため、成熟された樹状細胞(抗原提示細胞)と併用する必要があります。

T細胞や樹状細胞を用いる方法は、いずれもT細胞の抗原特異性という欠点があります。

NK細胞を用いる方法⇒唯一、抗原特異性がない

T細胞や樹状細胞を用いる方法は、いずれもT細胞の抗原抗体反応という欠点があります。
こうした欠点がない方法が、NK細胞を分離、培養して患者様のお体に戻す、高度活性化NK細胞療法です。

免疫療法(免疫細胞療法)比較

療法名 免疫細胞 抗原抗体反応(※1) 特徴
高度活性化NK細胞療法 NK細胞 ない
→柔軟性と攻撃性、即効性が高い
異常(癌)細胞への攻撃力の高いNK細胞を増殖・活性化させます。また、ご自身のNK細胞を培養するため副作用もありません。
T-LAK療法 T細胞 ある
→即効性と柔軟性に欠ける
インターロイキン2(※2)などを用いてT細胞を培養・活性化し、癌細胞を攻撃します。
CTL療法 T細胞 ある
→柔軟性に欠ける
患者さま自身の癌細胞から抗原を抽出するため、効率的にガンを攻撃します。ただし、誰もが受けられるわけではありません。
樹状細胞療法 T細胞 ある
→即効性と柔軟性に欠ける
T細胞に癌細胞の目印を教える樹状細胞を活性化し、T細胞により効率的に癌細胞を攻撃します。
NKT細胞療法 NKT細胞 ある
→即効性に欠ける
NKT細胞を成熟させた樹状細胞と併用することにより増殖・活性化させ癌細胞を攻撃します。

ページトップ

免疫細胞療法に関するご説明のまとめ
自己の免疫力を利用し癌(がん)を治療する為、つらい副作用の悩みはありません。
三大療法と組み合わせることにより、相乗効果と三大療法の副作用の軽減が期待できます。
高度活性化NK細胞療法は唯一、抗原特異性とういう欠点がない免疫療法(免疫細胞療法)です。
  • 資料請求
  • 治療に関するお問合せ
  • 個別無料相談会
  • 資料請求
  • 個別無料相談会
  • 治療に関するお問合せ
  • 有料初診相談
日比谷内幸町クリニック 医療法人社団 聖友会 内藤メディカルクリニック
 
Copyright 2006-2017 Hakata Ekimae Clinic. All Rights Reserved.